症状

黄色っぽいおりものが多くなります。状態によっては悪臭がしたり、下腹部痛を感じることがあります。

原因

膣にはもともとデーデルライン桿菌という乳酸菌の一種が常在し、膣内の酸性度が一定以上に保たれています。膣内の自浄作用はこの桿菌によって行われているのですが、卵胞ホルモン(エストロゲン)が少なくなり、この桿菌も減少すると、ほかの細菌が異常繁殖するようになります。この場合の最近は、大腸菌やブドウ球菌などがほとんどです。

また、糖尿病でも免疫力が低下して、細菌が繁殖しやすくなります。

膣内に、長時間タンポンを挿入することで発生するケースもあります。

治療法

分泌物の細菌培養とその細菌に対する感受性検査を行います。そのうえで細菌に作用する抗菌薬(膣錠)を用いて細菌繁殖を抑えます。

外陰部が炎症を起こしている場合は、抗菌薬の軟膏を塗布します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter