症状

口が開けにくくなり、開けたり閉じたり動かしたりする際に、鈍痛を感じます。また、口を動かう時に耳の前方でカクンとか、ジャリジャリといった音がすることもあります。

原因

かみ合わせの異常、歯ぎしり、歯をくいしばるくせ、あごを動かすくせ、ストレスなどによって、必要以上にあごに負担がかかることがあります。顎関節症は、それらのいくつかが重なり合って発症すると考えられています。

治療法

せんべいなどの硬い食べ物を避けたり、食いしばりやあごへの負担をなるべく軽くします。スプリント(マウスピース)という器具を用いると、有効な場合もあります。

痛みが強い場合は、消炎鎮痛薬を内服します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter