症状

視野の中に虫のような、ごみのような浮遊物が見えることがあります。視線を動かすとそれらも一緒に動きます。これを飛蚊症といいます。浮遊物の数に変化がなければ生理的なもので心配ありませんが、急に数が増えたときは、放置すると視力障害や視野狭窄が起こることがあります。

原因

ごみのようなものは眼球の表面にあるのではなく、本来透明な硝子体が混濁し始めたことを意味します。生理的なもの以外では、網膜剥離、ぶどう膜炎などが考えられます。

治療法

原因疾患が明らかな場合はそれを治療します。網膜剥離などの場合は、光凝固の手術が行われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter