症状

アレルゲンとなる食物を摂取したときに現れるアレルギー反応のことです。原因物質の摂取から30分〜1時間で、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみ、下痢、嘔吐、咳などの症状が起こります。重症の場合はアナフィラキシーショックにおちいります。

原因

アレルゲンになりやすい食品には、卵、牛乳、小麦、大豆、魚類、肉類、甲殻類(エビやカニ)などがあげられます。また、そばやピーナッツは重症化しやすいアレルゲンとされています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter