症状

食道の蠕動運動(食物を先へ送り出すための動き)に障害が起こり、胃に近い部分の食道の筋肉(括約筋)が弛緩しないために、食堂内が十分広がらず、食物がつかえてしまう病気です。

ものが飲み込みにくくなる嚥下障害が進行し、夜寝ているときに、嘔吐や咳込みが起こります。

原因

食道の蠕動運動は、括約筋が収縮と弛緩を繰り返すことで成り立っていますが、その動きに関する脳からの指令に、括約筋がうまく反応できないために発症すると考えられています。指令の伝達障害の原因はわかっていません。

治療法

狭心症の治療薬である即効性硝酸薬(ニトログリセリン)やカルシウム拮抗薬などを用いると、食道括約筋が弛緩して症状が軽くなることがありますが、対処療法にすぎません。食道の内腔を広げる非観血的拡張療法が行われるのが一般的です。

この治療を行っても再発する場合は、輪状筋(食道の周りの筋肉で、収縮すると食道内腔が狭くなる)を切開し、食道内の圧迫を解消する手術が選択されます。最近は、腹腔鏡下で行うことができるようになり、傷も目立ちません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter