症状

食道そのものに異常がないにもかかわらず、飲食物を飲み込むことが困難になり、胸のつかえを訴える病気です。胸に圧迫感を覚える人もいます。

原因

心因性の感覚障害または運動障害(けいれん)で、ストレスなどの原因で症状が現れます。髄膜炎やてんかん、破傷風などの中枢神経の障害でも同じような症状を示すことがありますが、これらは発症の原因に成る病気がはっきりしており、食道神経症には含まないのがふつうです。

治療法

過敏になっている神経を鈍らせるために、鎮静薬などを用います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter