症状

横隔膜ヘルニアの一種です。食道は胸部と腹部を仕切る横隔膜を貫通していますが、その通り孔から胃や食道と胃の接合部分が胸部側に飛び出してしまう病気です。

上腹部の不快感や痛み、胸やけ、ゲップ、嘔吐などの症状が現れ、胃液の逆流による食道炎を併発することもあります。

原因

加齢によって、横隔膜にある食道の通り孔(食道裂孔)のまわりの筋力が低下したり、肥満や妊娠によって腹腔内圧が上昇すると、起こりやすくなります。

治療法

胃の胸部側への脱出が軽度で、症状がほとんどない場合は、特別な治療は必要ありません。肥満を解消するだけで、症状が治まることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter