症状

食道や胃の粘膜の下にある静脈がふくれて、こぶができたようになる状態です。

静脈瘤(こぶ)があるというだけでは症状は現れませんが、静脈瘤が破裂すると吐血や下血が起こります。出血が多い場合は、ショック症状が現れることもあります。

原因

肝硬変などの肝臓病による門脈圧亢進症が原因になります。

肝臓に障害があると、胃や腸から肝臓に流れる門脈と呼ばれる血管で血液がうっ滞し、そのために大量の血液が食道静脈に流れ込んで、こぶができやすくなります。

治療法

出血を起こした場合は、内視鏡下で静脈瘤に注射針を刺して硬化剤を注入し、こぶを固めてしまう方法(食道静脈瘤硬化療法)や、こぶをしばって除去する方法(内視鏡的静脈瘤結紮術)で止血します。

これらの止血法は、静脈瘤の破裂を予防する目的でも用いられます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter