症状

いつも目がうるんでいたり、涙があふれるような状態(流涙)になります。細菌感染を起こすと、目やに、腫れ、赤みなどがみられるようになります。

原因

涙は涙腺から出て、上下のまぶたの内側に1つずつある孔(涙点)に入り、鼻腔に流れ込んでいきます。涙点から鼻に抜ける管を涙道と呼びますが、この部分のどこかが狭くなっていたり(狭窄)、閉じてしまう(閉塞)と、前述のような症状が現れます。

先天的に涙道がふさがっていたり、狭くなっているケースもありますが、副鼻腔炎(蓄膿症)や鼻の手術の後遺症など、後天的な理由で起こることもあります。

治療法

涙道に生理食塩水を流して涙道が詰まっているかどうかを調べます。通水できないときは、涙道に専用ブジーを使って患部を特定し、狭窄部分を広げます。炎症を起こしている場合は、抗菌薬を服用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter