狭心症は心臓の冠動脈が詰まることで激しい胸痛が発生する病気です。

狭心症の治療

  • HOME »
  • 狭心症の治療

狭心症の治療は薬物療法が基本となりますが、投薬でも発作がおさえきれなかったり、症状が悪化する場合は手術療法が用いられます。

発作をおさえる薬

狭心症の発作を抑制する薬はニトログリセリン製剤や硝酸イソソルビド製剤が用いられます。これらの薬には血管を拡張し心臓の負担を軽減する作用があります。

通常は舌下服用(舌の裏側で薬を溶かす)なので即効性があります。口内の粘膜は吸収能力が高いので薬が血管に素早く吸収され冠動脈に届きます。服用後2〜3分で効果があらわれ発作が抑制されます。

発作を予防する薬

狭心症の発作を予防する薬には「硝酸薬」「カルシウム拮抗薬」「β(ベータ)遮断薬」があり、狭心症のタイプによって処方されます。

硝酸薬

血管を拡張する作用があります。心臓の負荷を減少させたり冠動脈を拡張することで血液の流れが増え、心筋により多くの酸素を取り込みます。薬の持続時間は長く、経口薬や貼り薬が用いられます。

カルシウム拮抗薬

冠動脈を拡張することで血流が良くなり、心筋へ送る酸素の量を増やします。同時に末梢血管を広げ血圧を下げる効果もあります。冠動脈の攣縮(れんしゅく)で発症する安静時狭心症に効果があります。

β(ベータ)遮断薬

心臓の負担をけいげんする薬です。交感神経の刺激を緩和させることで心拍数を下げ、血圧を低くする効果があります。運動時に発症する労作性狭心症に効果があります。

病気の進行を予防する薬

血管の狭小をくい止めるためには血栓の発生を防ぎ、動脈硬化の進行を遅らせることが重要になってきます。

そこで、血小板の働きを抑制する薬(アスピリン、チクロピジンなど)や血液凝固を防ぐ薬(ワルファリンなど)が使用されます。これらの薬は狭心症だけではなく、生活習慣病(高血圧、高脂血症など)を患っている場合にも処方されます。

高血圧や高脂血症を発症していると血管の内壁にプラークができやすくなり、プラークで狭くなった血管内に血栓ができると、血管を更に狭くし塞いでしまいます。

したがって狭心症の患者さんは、高血圧や高脂血症の治療も重要といわれています。

経皮的冠動脈インターベンション

太さ1ミリ程度の柔らかい管(カテーテル)を用い、狭くなった冠動脈を拡張します。古くから用いられる手法は風船療法ですが、最近では新しい方法が開発されています。

風船療法

カテーテルの先端に風船(バルーン)をつけて、足の付根や腕、手首の動脈から挿入し、狭くなった冠動脈でふくらませることで血管を押し広げ血流を確保します。

ステント

現在、もっとも一般的な治療法がステントと呼ばれるものです。バルーンにステントと呼ばれる筒状の器具をかぶせます。ステントは金属製の網状のもので、バルーンをふくらませることでステントが血管内部で拡張します。ステントの拡張後に血管内に留置させ内側から補強します。

アテレクトミ−(動脈硬化切除術)

特殊な刃先のカッターを回転させることで冠動脈内の動脈硬化部分を切除する方法です。

ロタブレーター(動脈硬化切除術)

先端にダイヤモンドの破片がコーティングされた刃先を高速回転させ動脈硬化部を粉砕します。通常はバルーンで拡張が困難な硬くなってしまった血管に適応します。

冠動脈バイパス手術

冠動脈が狭まっていると血流が滞ります。そこで血液が流れやすくなるように血液の新しい通り道(バイパス)をつくります。狭くなってしまった冠動脈に別の血管を接合し、新しい血管をつくって狭くなってしまった血管をまたぐようにして血流を確保します。

バイパスで使う血管は、足の静脈や肋骨の裏の動脈、胃の動脈などが使われます。

次の『狭心症の予防』へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 狭心症の原因と症状 All Rights Reserved.