脳梗塞や心筋梗塞も実は血管病

動脈硬化

  • HOME »
  • 動脈硬化

動脈硬化

症状

動脈壁は加齢とともに弾力性を失って硬くなります。また、動脈の内腔が狭くなったり(狭窄)、詰まったり(閉塞)、内壁の一部がこぶのようにふくれたり(動脈瘤)、そのこぶが破裂して出血を起こすなどして、血流障害を起こします。これらの異常が脳動脈で起きれば脳梗塞や脳出血、冠動脈(心臓の動脈)で起きれば心筋梗塞や狭心症、大動脈で起きれば大動脈瘤や大動脈解離などを引き起こします。

原因

動脈硬化は起こり方によって次の3つのタイプに分けられます。

  • アテローム(粥状)硬化
    • コレステロールなどの脂質が動脈の内幕に沈着してかゆ状の固まりとなり、しだいに蓄積し、内腔を狭めます。
  • 細動脈硬化
    • 主に高血圧による影響で、動脈の内膜・中膜が厚くなり、血管壁全体がもろくなって、破れやすくなります。脳や腎臓の細い血管に起こりやすい硬化です。
  • メンケベルグ硬化
    • 動脈の中膜にカルシウムがたまって硬くなります。下肢の動脈に起こりやすい硬化です。

これらの硬化を起こす危険因子として、加齢、性別(男性に起こりやすい)、遺伝的体質などに加え、高血圧、喫煙、脂質異常症、肥満、糖尿病があげられます。

治療法

動脈硬化の起こってしまった血管をもとどおりにすることはできませんが、悪化しないようにすることは可能です。血圧を下げ、禁煙をし、脂質異常症や糖尿病を改善することは、動脈硬化を防ぐうえで効果があります。

基本的には食事療法(高エネルギー・高脂肪食品を抑える)、運動療法(速歩などの適度な運動)を行い、さらに、高血圧症や脂質異常症が改善されない場合は、必要に応じて、薬物療法を行います。

次は『血栓症』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 血管の病気と症状 All Rights Reserved.