脳梗塞や心筋梗塞も実は血管病

血栓症

血栓症

症状

血栓とは血の固まりのことです。血栓ができただけでは特別な症状は現れませんが、これが血管をふさぎ、血流が滞ると、さまざまな病気を引き起こします。血栓が脳動脈をふさぐと脳梗塞や脳塞栓、肺動脈に詰まると肺動脈血栓塞栓症、心臓の冠動脈に詰まると狭心症や心筋梗塞を引き起こします。

原因

血栓の形成はもともと、破れた血管をふさぎ、止血を行うために生体に備えられた防御反応です。止血の過程では、血管の破れたところに血小板が集まってくっつき、固まり血栓となって、傷をふさぎます。これと似た現象が、動脈硬化ができて傷ついた血管壁でも起こります。

一方、静脈では、血圧が低く、血流も遅いため、血液がよどんで固まりやすく、血栓ができることがあります。これらの血栓がなんらかの影響で血管壁からはがれて血流に乗り、血管のどこかに引っかかると、血流が途絶えます。

治療法

血栓による脳梗塞や心筋梗塞を起こしたことがある人、血流が滞りやすい心房細動などの心臓病を患っている人、下肢の深部の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症を起こしたことのある人は、抗凝固薬や抗血小板薬によって、血液が凝固しにくいようにコントロールする必要があります。

次は『大動脈瘤』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 血管の病気と症状 All Rights Reserved.