脳梗塞や心筋梗塞も実は血管病

高血圧症

  • HOME »
  • 高血圧症

本態性高血圧症

症状

血圧を上昇させる病気などが見つからないタイプで、高血圧症全体の9割以上を占めています。中高年に多くみられます。症状はとくに現れませんが、人によっては肩こりや頭重感、不眠、動悸などを感じることもあります。

原因

血圧を上昇させやすい要因がいくつかあげられます。

  1. 遺伝
  2. 加齢
  3. 塩分のとりすぎ
  4. 過度の飲酒
  5. 肥満
  6. ストレス

などが考えられます。

治療法

塩分をひかえた食事を心がけたり、肥満を解消するなど、生活習慣の見直しが基本になります。生活習慣を改めても高血圧が改善しない場合は、降圧薬を用います。Ⅲ度高血圧では、ただちに治療を開始する必要があります。

また、その人の状態に王子て、血圧目標値になるように治療します。

血圧目標値

年代やリクス要因 診察室血圧 家庭血圧
若年者・中年者 130/85mmHg未満 125/80mmHg未満
高齢者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
糖尿病患者
慢性腎臓病患者
心筋梗塞患者
130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
脳血管障害患者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満

二次性高血圧症

症状

他の病気が原因で血圧が高くなるタイプです。ホルモン異常、腎臓病が関与するケースが多く、30~40歳以下の若い人に発症するのが特徴です。本態性高血圧は徐々に進行していくのに対し、二次性高血圧では、ある時期から急に血圧が上がり、なかなか下がらない、またはどんどん上昇していくという経過をたどります。

原因

糸球体腎炎、腎動脈狭窄、多発性嚢胞腎などの腎疾患、副腎から分泌されるホルモン(アルドステロン、コルチゾールなど)の分泌異常などが原因になり、血圧の上昇が起こります。

治療法

高血圧の原因となっている病気の治療を優先的に行います。手術治療ができる病気であれば、手術によって高血圧も同時に改善します。

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 血管の病気と症状 All Rights Reserved.