脳出血

脳出血

症状

突然、脳の血管が破れて脳内に出血が起こるもので、脳溢血ともいいます。頭がズキンズキン痛む、目がかすむ、気分が悪いといった前兆がみられることがありますが、なんの前触れもなしに起こるケースがほとんどです。

症状は手足が麻痺する運動障害、しびれなどが生じる感覚障害、うまく話せなくなる言語障害、もうろうとした状態になる意識障害などがみられます。

症状の現れ方は出血量や出血場所によって異なります。重症例では、昏睡におちいり、死に至ることもあります。

原因

直接の原因は、脳深部の血管にできた小さな動脈瘤の破裂ですが、高血圧が深く関与しています。脳深部の細い血管に起きた動脈硬化が進行すると、血管組織がもろくなり、血流の圧力によって動脈瘤ができやすくなります。これが血圧の上昇によって破裂し、脳出血を起こすことがわかっています。

破れた血管は収縮して血液は固まるので、しばらくすると出血は止まりますが、固まった血(血腫)がまわりの組織を圧迫すると脳にむくみ(脳浮腫)が生じ、さまざまな機能にダメージを与えることになります。

なお、脳血管の破裂は高血圧だけでなく、脳動静脈奇形もやもや病(異常血管網ができる病気)、脳腫瘍などが原因になる場合もあります。

治療法

脳の比較的浅い部分に大きな出血がある場合は、外科手術が行われます。手術法には、開頭して血腫を除去する方法、血腫に細い管を通して吸引する方法、内視鏡を用いて吸引する方法などがあり、出血部位や重症度に応じて選択されます。

小さい出血や脳の深層部で起きた出血には、薬剤を用いる内科的治療を行います。いずれにしても、脳出血の治療は、血圧の管理が重要になります。

次は『くも膜下出血』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 脳の病気事典 All Rights Reserved.