脳梗塞

脳梗塞


脳の動脈が血栓(血の固まり)などでふさがれると、血液が流れなくなって脳が酸素不足におちいり、神経細胞は壊死してしまいます。このように血液の循環障害によって起こるのが脳梗塞です。

かつては、脳血栓症脳塞栓症に二分されていましたが、最近は、アテローム血栓性梗塞症、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症の3つに分類する考え方が一般的になっています。

アテローム血栓性梗塞症

症状

頸動脈や脳の太い血管が詰まり、血流が途絶えてできた大きめの梗塞です。

詰まる部位によって症状も異なります。まひなどの運動障害やしびれなどの感覚障害、意識障害、失語(思うように話せない、他人の話が理解できない)、失行(状況に合わない行動をとる)、失認(左右の区別がつかなくなったり、体の部分の名前がわからなくなる)などの症状が現れます。

血管が徐々に詰まっていくタイプでは、症状が数時間から数日にわたって段階的に進みます。

原因

血液中のコレステロールなどが増えると、動脈の内壁に沈着して、粥状のコブになってきます。この状態をアテローム硬化粥状硬化)といいます。

アテローム硬化が進むと血管の内壁が傷つき、それを修復するために血小板が集まってきて血栓をつくります。この血栓が血管を詰まらせ、血流障害を引き起こします。

アテローム硬化を生じさせる危険因子としては、喫煙高血圧脂質異常症糖尿病などがあげられます。

治療法

血管が詰まることで、血流が停滞して、新たな血栓がつくられやすくなります。それを防ぐために、血液の凝固作用(血が固まろうとする働き)を抑制する抗凝固薬が用いられます。それと併せて、脳のむくみをとり、脳組織へのダメージをできるだけ抑える治療が行われます。

症状が安定したあとは、再発予防のために、血栓がつくられるのを防ぐ抗血小板薬を服用します。それに加えて、血栓除去手術や、カテーテルを用いた血管拡張手術、頭皮の動脈から脳動脈へ血液を流す血管吻合手術などの外科的治療が行われることもあります。

ラクナ梗塞

症状

脳動脈は太い血管から細い血管へと枝分かれしていますが、その最先端のごく細い血管が詰まってできた小さめの梗塞です。細い血管に支配されている狹い領域にできる病巣なので、軽い症状ですむことが多いようです。

顔面や手足のしびれ、軽いまひなどが起こりますが、言語障害や視覚障害、重篤な意識障害におちいることはありません。

極めて小さな梗塞であれば、自覚症状がなく、これを無症候性脳梗塞と呼んでいます。

原因

脳の内部を走っている微細な動脈に、硝子化や血管壊死が起きたり、小さなアテロームができたりして血流が悪くなるもので、高血圧が最大の原因です。

治療法

血圧の管理が治療の基本です。血栓を予防するための抗血小板薬が用いられることもあります。

心原性脳塞栓症

症状

心臓でできた大きな血栓が脳動脈に流れ込み、比較的太い血管を詰まらせるために起こります。

ほとんどの場合、突発的に起こるので、症状も急激に現れ、重くなりがちです。体の片側に麻痺や感覚障害がみられるほか、失語、失行などの症状を示したり、意識障害を伴うケースも少なくありません。

また、体には血管を詰まらせた血栓を溶かそうとする働きがあるため、発作から数日の間に血栓が溶けて、一気に血流が再開されることがあります。

しかし、血流が滞っていた部位は脆くなっているので、出血が生じ(出血性脳梗塞)、症状を悪化させることがあります。

原因

原因の約3分の2は、心臓の動きに異常が生じる、心房細動という心臓病です。心房細動では心臓内で血栓がつくられやすく、それがあるとき、血流に乗って脳動脈に運ばれ、血管を塞いでしまいます。

そのほか、急性心筋梗塞左心房粘液腫などが原因になることもあります。

治療法

発作後3時間以内であれば血栓を溶かす血栓溶解薬を点滴注射し、血流を再開させる方法があります。ただし、この方法は出血性脳梗塞の危険があるため、一定の条件を満たしている場合のみ行われます。

通常は、血液を固まりにくくする抗凝固薬や、血栓をできにくくする抗血小板薬を用い、症状の悪化を防ぎます。同時に脳のむくみを抑える治療も行われます。

次は『一過性脳虚血発作』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 脳の病気事典 All Rights Reserved.