不整脈

不整脈とは


脈は通常、運動時や緊張時には速く、安静時にはゆっくり打ちますが、状況にかかわらず、病的に速くなったり、逆に遅くなったり、あるいは不規則になることがあります。こうした脈の乱れを不整脈といいます。

不整脈は、先天性の病気のほか、心臓弁膜症心筋梗塞甲状腺機能亢進症などが原因で発症しますが、健康な人でも原因不明で起こることがあります。

期外収縮

症状

心臓の収縮は、洞結節から発せられる電気刺激によって心房から心室へと伝わりますが、洞結節以外のところで余分な電気刺激がつくられ、本来の収縮リズムよりも速く刺激が伝わり、心臓が収縮してしまう状態です。

余分な電気刺激が心房から出るものを心房性期外収縮、心室から出るものを心室性期外収縮といいます。

期外収縮が起こると、脈が飛んだように感じたり、のどや胸に不快感を覚えたりすることがあります。自覚症状がなく、健診などで発見されることも少なくありません。他の心臓病が原因となって発症することもありますが、多くは加齢ストレス睡眠不足過度の飲酒など生活習慣がかかわっています。

治療法

とくに心臓病がなく、運動負荷心電図ホルター心電図で異常がなければ問題ありません。症状が強く、日常生活に支障をきたす場合は、作用の弱い抗不整脈薬や、不安を取り除くための抗不安薬などを使います。

心房細動・心房粗動

症状

正常な心臓では、安静時に洞結節から発せられる電気刺激は1分間に50〜100回です。

それが1分間に300〜500回にも及ぶものを心房細動といい、それよりやや少なく250〜400回になるものを心房粗動といいます。

心房細動の場合は、小刻みな興奮が不規則に現れ、心房粗動の場合は規則的に現れ、その興奮の一部が心房を経て心室に伝わり、心臓が収縮します。心臓が電気的けいれんを起こしているような状態になるため、動悸や胸の不安感を覚えることがあります。

心房細動では、心房内の血流が滞るため血栓ができやすく、これが脳動脈に流れて脳塞栓症を起こす危険性があります。

高齢者で、心拍数もそれほど増えない場合は、無症状のまま過ごす人も少なくありません。

原因

心臓弁膜症高血圧肺疾患があって、心房に負荷がかかると起こりやすくなります。ただし、そうした病気がない人でも、加齢にともなって発症しやすくなります。

治療法

抗不整脈薬や、除細動電気ショック)で心房細動自体を正常化する治療法と、心房細動は治せないものの心拍数を抑える治療法があります。

心房細動では、血栓形成予防のために抗凝固薬を用います。

WPW症候群

症状

心房と心室の間に、正常な電気刺激伝導路とは別の副伝導路があるために、突然、電気刺激の伝わり方に異常が起こり、頻脈を起こします。先天性の病気ですが、一定の年齢に達してから頻脈の症状が現れます。ふだんはまったく症状がありません。

原因

正常伝導路か副伝導路のどちらかのみの電気が伝わっている状態では無症状ですが、正・副両方の伝導路を電気刺激が旋回し始めると、刺激が連続して発生し、脈が突然速くなる発作性上室性頻拍を起こします。

治療法

動悸の発作がなければ、治療の必要はありません。発作がある場合は、抗不整脈薬を用います。また、血管から細い管を心臓内に通し、電気生理学的検査で異常伝導路を見つけ、その先端から高周波を流して、異常な伝導路を焼き切る治療(高周波カテーテルアブレーション)を行います。

発作性上室性頻拍

症状

心房や、心房と心室のつなぎ目で電気刺激の発生に異常が生じ、1分間に160〜200回(正常では50〜100回)の規則的な頻脈が起こります。頻脈発作は突然始まって、突然治まるのが特徴で、数分から数時間続くこともあります。これにともない、動悸や胸の不快感などが現れ、発作が長時間に及ぶと、血圧が低下し、めまい失神を起こすこともあります。

原因

WPW症候群肺性心などの病気に誘発されることがあります。とくにWPW症候群のように、電気刺激の副伝導路をもっている人は、発作性上室性頻拍を合併しやすくなります。

健康な人でも過労睡眠不足喫煙飲酒運動などがきっかけで発症することがあります。

治療法

発作が起きたときは安静にし、大きく息を吸い込んでできるだけ長く止めておく、冷たい水に顔をつける、深呼吸をする、などの方法で治まることがあります。それでも発作が治まらない場合は、抗不整脈薬の静脈注射が効果的です。

発作があまり起こらない場合は、抗不整脈薬を内服して発作を予防します。

発作が頻繁に起こるケースでは、高周波カテーテルアブレーションによって、副伝導路を焼き切ります。

次の『不整脈〜その2〜』へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 心臓の病気事典 All Rights Reserved.