心不全

心不全

症状

心臓のポンプ機能が低下して、臓器が必要としている血液を十分供給できなくなった状態です。この状態が急激に起こる場合を急性心不全といい、心臓機能が徐々に低下していく場合を慢性心不全といいます。

急性心不全では、激しい呼吸困難や、皮膚が青紫色になるチアノーゼがみられます。肺うっ血が原因になっている場合は、ピンク色の泡状の痰が出ます。

慢性心不全では、体を動かすと息切れがして、さらにむくみ胸水なども生じるようになります。

原因

急性心不全は心筋梗塞肺梗塞などが原因で起こります。慢性心不全は、さまざまな慢性心臓疾患が重症化した場合に起こります。

治療法

安静にし、血圧を低めに保ち、塩分や水分の摂取を控えて、心臓の負担を軽くします。水分排出を保つための利尿薬、心筋の収縮力を強める強心薬血管拡張薬などを組み合わせて服用します。

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 心臓の病気事典 All Rights Reserved.