心筋梗塞

  • HOME »
  • 心筋梗塞

心筋梗塞

症状

血流が長時間途絶えたために、心筋が壊死した状態です。突然、胸部に締め付けられるような激痛が起こり、30分以上続きます。安静にしていても治まりません。症状は狭心症よりも強く、冷や汗、嘔吐、呼吸困難などをともなうこともあります。さらに進むと、血圧が低下してショック状態におちいったり、心拍が停止して、死に至るおそれもあります。

原因

冠動脈動脈硬化によるものが大半を占めます。動脈硬化によってふさがった部分が崩壊し、そこに血栓(血の固まり)が形成されて、血流が途絶えるものです。そのほか、冠動脈のけいれんによって血流が途絶えて起こるケースもあります。

治療法

心筋の壊死を最小限に食い止め、ショックや心不全に至らないようにするための救急処置が必要になります。それには発作後、ただちにCCU冠動脈疾患用集中治療室)のある病院へ搬送することが望まれます。

急性期治療では、冠動脈を拡張させるための即効性硝酸薬ニトログリセリンなど)を服用します。併せて、詰まった血栓を溶かすために血栓溶解薬を静脈注射し、血流再開を促す方法(冠動脈内血栓溶解療法)や経皮的冠動脈形成術PTCA)などが行われます。

急性期を乗り越えたら、再発防止のために、持続性硝酸薬β遮断薬カルシウム拮抗薬抗血小板薬やどを用いた治療が行われます。

数日間の安静後、ベッドで起き上がったり、椅子に座ったりする軽いリハビリテーションから始め、徐々に運動量を増やしていきます。

狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症 心筋梗塞
痛みの種類 胸部に締め付けられるような痛み
痛みの持続時間 数分〜10分 30分以上
発作のきっかけ 多くは労作時 労作とは無関係
ニトログリセリンの効果 効果あり 効果はほとんどなし
起こりうる合併症 不整脈 不整脈、心不全、ショック
診断の根拠 心筋の虚血(血流が途絶えること) 心筋の壊死
心電図の変化 一過性の変化あり 持続的に変化あり


次は『不整脈』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 心臓の病気事典 All Rights Reserved.