狭心症

狭心症

症状

冠動脈の血液が滞るなどして、心筋へ酸素が十分届かなくなって心臓の動きが鈍った状態です。胸の中央をはじめ、左肩、下あご、みぞおちなどに締め付けられるような圧迫痛が生じます。痛みは数分から10分程度で治まります。そのあとは健康なときと変わらない状態に戻ります。階段を昇ったり、極度の緊張時に発作が起こる労作性狭心症と、早朝・夜間などに発症する安静時狭心症がありますが、大半は労作性狭心症です。

原因

労作性狭心症では、冠動脈動脈硬化が原因になります。動脈硬化で血管内腔が狭くなっているところへ、運動や緊張などによって、心筋が大量の酸素を必要とし、それに対応できる十分な血流量が冠動脈から得られないことで発症します。

安静時狭心症では、冠動脈に一過性の痙攣(攣縮)が起こり、血管が収縮して内腔が狭くなり、血流が滞るために発症します。

治療法

治療の主な目的は、発作が再び起こらないようにすることです。まず、狭心症の大きな要因である高血圧脂質異常症糖尿病喫煙などの生活習慣から改善していく必要があります。それと併せて薬物療法を行います。

再度発作が起こった時の対処法として、即効性硝酸薬ニトログリセリンなど)の舌下錠をつねに携帯するようにします。これは冠動脈を拡張させる作用がある薬で舌の裏に含んで唾液で溶かし、粘膜から血液に成分を吸収させるものです。そのほか、胸の皮膚から吸収させる貼付薬(湿布のように貼るタイプ)もあります。

発作予防薬としては持続性硝酸薬のほか、労作性狭心症にはβ遮断薬(心臓の働きを抑え、心筋の酸素需要を減らす作用)、安静時狭心症にはカルシウム拮抗薬(冠動脈を拡張させる作用)を内服します。

また、血栓形成予防のために抗血小板薬が用いられます。

進行した動脈硬化アテローム)がみられるケースでは、先端にバルーン(風船)のついたカテーテルを動脈内に通し、冠動脈の狭窄部分でバルーンをふくらませて内腔を広げるPTCA経皮的冠動脈形成術)や、同じ手法で開通させたあとに、ステントという金属製のコイル状の筒を植え込んで血管内を拡張させる経皮的冠動脈ステント植え込み術が行われます。

そのほか、狭窄部分を削り取る方向性冠動脈アテローム切除術DCA)や高速回転式アテローム切除術ロータブレータ)、狭窄部分に胸などの動脈の一部を使ってバイパスをつくる冠動脈バイパス術が行われることもあります。

次は『心筋梗塞』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 心臓の病気事典 All Rights Reserved.