うつ病は約10人に1人が一度はかかる身近な病気

うつ病とは

うつ病に悩む人は多く、がんや糖尿病と並び、国民に広くかかわる病気として5大疾病のひとつに数えられています。

人生の中で、約10人に1人が一度はかかる身近な病気

厚生労働省の患者調査によれば、この20年間で「うつ病」の患者さんの数は10倍に増え、平成20年度には104万人にものぼりました。 平成23年度は、東日本大震災の影響で福島県や宮城県の一部が統計に含まれていませんが、それでも100万人近い患者さんがいることはたしかです。 うつ病というと、かつては働き盛りの年代に多いとの認識がありましたが、現在は若い世代にも多く見られるようになりました。10〜15人に1人はかかるともいわれ、いまや珍しい病気ではなくなっています。

「命にかかわる病気」だが、病気と気付かない人も多い

広く知られるように、うつ病は自殺と深く関係しています。苦しみ悩んだ末に、死を選んでしまう悲しい例が、非常に多いのです。 日本の自殺者の数は、年間3万人前後にのぼっています。警察庁の調べでは、直接うつ病が関係しているのは、そのうち2割程度とされています。しかし実際には、直接的ではなくても、その背景にうつ病があるケースも非常に多いのではないかと考えられています。 また、自分が病気であると気付かなかったり、病院に行くのをためらっててしまい、受診しないままに悩んでいる人も多く見られます。きちんと受診し、適切な治療を受けているのは、症状に悩む人のうち、ごくわずかしかいないのが現状なのです。

次の「うつ病の症状」へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © うつ病の種類と治療法 All Rights Reserved.