糖尿病は血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態が続く病気です。

糖尿病の怖さ

  • HOME »
  • 糖尿病の怖さ

糖尿病が恐ろしい4つの理由

理由その1

インスリンの働きが極端に低下すると糖質をエネルギー源として活用することができなくなるので、かわりに体内に蓄積されている脂肪やたんぱく質を分解して使うようになります。しかし、脂肪やたんぱく質をエネルギー源にするにもインスリンが必要になり、その作用が低下しているため分解の途中で発生するケトン体という酸性物質が血液中に大量に流れ込みます。その結果、血液が極端な酸性になってしまい、ケトアシドーシスという状態になり昏睡状態に陥ることもあります。

理由その2

糖尿病が発病してから治療をせず放置していると、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症という3大合併症を発病します。これらの合併症は糖尿病患者にだけ発病する病気で糖尿病を長期間患っている人にとって重大な問題になります。

理由その3

糖尿病の放置は3大合併症だけではなく、動脈硬化が進み感染症などが発病する傾向が高くなります。

理由その4

糖尿病の薬物療法やインスリン注射で治療している患者が注射の打ち方や薬の服用を間違えると低血糖状態になり、この状態が続くと低血糖昏睡に陥ることがあります。低血糖昏睡は市に直結しかねない危険な状態です。

次の『糖尿病の種類』へ

PAGETOP
Copyright © 生活習慣病と言われたら All Rights Reserved.