外反母趾の種類

  • HOME »
  • 外反母趾の種類

外反母趾の種類

外反母趾には症状によって5つの種類があります。

1.靭帯性外反母趾

最も多い症状で、足指の付け根にある中足靭帯が緩んで指が広がってしまった状態の外反母趾。

2.仮骨性外反母趾

親指は曲がらないのに親指の付け根の骨だけが出っ張ってしまう状態の外反母趾。

3.混合性外反母趾

靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が合わさった状態の外反母趾。

4.ハンマートウ外反母趾

生まれつき指が縮こまっていたりハンマーのように曲がっていたり上を向きすぎている状態の外反母趾。

5.病変性外反母趾

関節リウマチやヘバーデン結節などの病気で起こる外反母趾。
1から3の外反母趾は歩き方や生活環境などの外的要因で発生しやすいので比較的治療は簡単ですが4と5は先天的もしくは病的な原因が関与しているので治療には根気が必要です。

しかしながら全ての症状において早期発見・早期治療が完治への近道なので軽視したり放置せず症状と向き合いましょう。
次の『足ヘバーデン結節とは』へ

PAGETOP
Copyright © 外反母趾の原因と対処法 All Rights Reserved.