足ヘバーデン結節

  • HOME »
  • 足ヘバーデン結節

足ヘバーデン結節

病変性外反母趾で最近高い割合で起きているのがヘバーデン結節です。

最初に症状を報告した英国の医師の名前からこう呼ばれており一般的な症状は手の爪のすぐ下の第一関節が太く変形したり骨が盛り上がったりします。

骨が盛り上がることを結節というのですが手だけではなく実は足にも現れます

このヘバーデン結節ですが50代以降の女性の30人に1人という割合でみられる現代の国民病ともいえる病気です。

ヘバーデン結節は症状が悪化すると指が極端に曲がってしまうので物を取ろうとした時に突き指を起こしてしまうこともあります。

急性の場合は痛みや腫れが治まっても別の指に転移する可能性がある怖い病気で、あるとき急に何かのきっかけで痛み出すことがあり通常は痛みや進行は5年から10年で治まるのですが変形した関節は元に戻りません

このヘバーデン結節は症状が手から始まる場合や足から始まるもの、また手足同時に始まるもの、膝や腰、首から始まるものがあり初期症状は殆ど分かりません

そして残念ながらヘバーデン結節の原因は現在の医学ではまだ解明されていません。
次の『外反母趾の放置は危険』へ

PAGETOP
Copyright © 外反母趾の原因と対処法 All Rights Reserved.