頭痛は3つのタイプに分けられる


ひとつは、頭全体が鈍く痛む『緊張型頭痛』です。身体的ストレスや、精神的ストレスによって肩や首がこり、血流が悪くなり、頭部の血管に老廃物がたまって神経を刺激することが原因とされています。頭痛持ちの方の多くは、このタイプです。

2つめは、頭の片側が、ときには両側が、ズキンズキンと波打つように痛む『偏頭痛』。ストレスから開放されたときや、寝不足、天候の変化などによって頭の血管が拡張し、血管の周囲に炎症が起こるためと考えられています。20〜40代の女性に多く、緊張型頭痛と偏頭痛の両方が発症する方も少なくありません。

3つめは、1〜2ヶ月間、毎日決まった時間に目をえぐられるような激痛が起こる『群発頭痛』。発症はまれで、原因はまだよく解明されていませんが、20〜50代の男性、とくにヘビースモーカーに比較的多く見られます。

自分がどのタイプか知る

それぞれ原因が異なるので、対処の仕方も違ってきます。まずは症状をよく観察して、自分がどのタイプなのかを把握してください。

緊張型頭痛と偏頭痛の両方を抱えている方はとくに気をつけて!この2つは、痛みを緩和する方法が正反対なので、対処を間違えると痛みを助長してしまいます。いま起きているのはどちらの痛みなのか、しっかり見きわめてください。

自分なりの対処法を探す

私も緊張型頭痛とは20年来のつき合い。目が疲れると肩がこり、頭も痛くなることに気づいて、疲れ目を防ぐことで対処してきました。

緊張型頭痛と偏頭痛は、自分なりに予防したり、痛みを緩和することができるので、よほどひどい痛みでなければ、病院に行かなくてもいいと私は思います。効果的な対処法は人によってさまざまです。なかなか治りにくいと覚悟したうえで、試行錯誤してみてください。

ただし、群発頭痛は痛みが強く、自分で対処することもむずかしいので、一度病院で診てもらってください。


次へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 頭痛の症状と対処法 All Rights Reserved.