頭痛の悩みQ&A

  • HOME »
  • 頭痛の悩みQ&A
頭痛でも画像検査はしたほうがいい?
CTやPETなどの画像検査を受けると、脳の異常を発見することができます。でも頭痛の原因の多くは肩や首のこりなので、ほとんどの方は受ける必要がないでしょう。費用も高額です。ただし、急な頭痛(二次性頭痛)で、石が画像検査をしたほうがよいと判断した場合は、従ったほうがよいでしょう。
生理と頭痛は関係あるの?
大いに関係があります。とくに偏頭痛は女性ホルモンが何らかの形で関わっているのではないかと考えられています。ひどい偏頭痛に悩まされていた人が閉経したら自然に治ったという例や、更年期に入ったら痛みが酷くなったという例があり、症状の出方は人によってさまざまのようです。
二日酔いの頭痛にはどう対処したらいい?
二日酔いの頭痛は、お酒に含まれる「アセトアルデヒド」という成分が原因だといわれています。この成分さえ抜けてしまえば頭痛はなくなります。とにあくたくさんお水を飲んで、尿と一緒にアセトアルデヒドを排出してください。風邪で頭痛が起こることもありますが、これは熱が出て、偏頭痛と同様に頭部の血管が拡がることが原因のようです。風が治ればおさまるので心配ありません。
若い頃は頭痛知らずだったのに何故?
緊張型頭痛と老化は大きく関わっています。若い頃より血流が悪くなって肩こりが起こったり、老眼に慣れず目が疲れがちになったり、原因はいくらでも考えられます。
一重まぶたが頭痛の原因になるって本当?
上瞼が垂れ下がって目が開きにくくなり、視界が悪くなる状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)と言います。二重まぶたの人よりも一重まぶたの人のほうがなりやすいとされています。確かに、眼瞼下垂が原因で肩こりや頭痛が起こる方もいるようですが、一重=頭痛と結びつけて高額な手術に飛びつくのは考えもの。頭痛を早く治したい気持ちはわかりますが、頭痛の原因は複合的なことも多く、スッキリとは治らない。焦らずじっくり付き合っていくのがよいと思います。

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 頭痛の症状と対処法 All Rights Reserved.