肝臓病は肝臓がウイルスなどで炎症を起こし肝臓の機能が低下する病気です。

肝臓病の現状

かつて肝臓病の治療は、どんな病気であれ「高カロリー・高たんぱく」の食事療法と言われていました。しかし今日では、同じ食事療法であっても病気の原因や進行状況、個人の生活習慣などによって、その内容は変わるようになっています。

また、「肝臓病=お酒の飲み過ぎ」という図式も否定されています。お酒をまったく飲まなくても肝臓病は発症しますし、肝臓病の発症要因の90%以上が、ウィルスの感染によるものだということもわかってきました。そして、驚くべき数字も上げられています。

推定300万人以上

この膨大な数字は、肝臓病を引き起こす肝炎ウィルスに感染していると考えられる日本人の総数です。さらに驚かされるのは、この数字には、肝炎ウィルスにかんせんしていることに、まったく気づいていない人が多数含まれているということです。その中には、ウィルスに感染していても病気をまったく発症していない人もいれば、発症していてもそれを自覚していない人もいます。

これらの人たちが感染の有無を知るきっかけとなるのが、健康診断での血液検査です。肝臓に関係する検査項目に異常があれば、「飲み過ぎかなぁ」かどと軽く考えずに、病院で詳しく検査することをお勧めします。もしかすると、即治療が必要な肝臓病を発症しているかもしれません。

当サイトでは、肝臓のさまざまな働き肝臓病の種類とその原因、そして病状に合った食事療法のポイントや効果的な食材をまとめました。

ぜひ、当サイトを活用して、肝臓病の早期発見、生活習慣や食事内容の改善に取り組み、私たちの生命維持に欠かせない重要な臓器である肝臓を大切にしてください。

次は「肝臓の働き」

肝臓病予防のブログ

肝臓に良い食べ物一覧

肝臓の役割とは 肝臓には解毒作用やエネルギーの消費を促す代謝機能があります。解毒や代謝を行うために様々な酵素を …

PAGETOP
Copyright © 生活習慣病と言われたら All Rights Reserved.