誰もが迎える更年期を健やかに過ごすために

男性の更年期

  • HOME »
  • 男性の更年期

徐々に低下する男性ホルモンの分泌


男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌は20代から30代にかけてがピークで、40代以降年をとるとともに男性ホルモンの多くを占めるテストステロンが減少していきます。

40代以降に男性のテストステロンの分泌量が低下してくるのは事実ですが、女性のように閉経を境にホルモン分泌の校正がガラリと変わるという劇的な変化ではない、という点が、男性が女性とは根本的に異なる特徴です。

そういうわけで男性の場合は、「更年期」ということを自覚しないですむ人は、女性の場合よりもはるかに多いのです。

男性の更年期の症状

男性の更年期障害にあたる代表的な症状は、疲れやすいこと(疲労感)、抑うつ(気が晴れない鬱陶しい気分)、性衝動減少と精力減退、それに肩こり・腰痛・不眠などです。

これらの症状は、もっとはやい時期にも起きることがありますが、男性ホルモンの分泌量の低下に伴って、早い人では40歳代に、一般的には50代に、程度の差はあるものの経験するものと考えられます。したがって男性の場合は、50代が更年期と言えるでしょう。

男性の社会的更年期

男性の社会的更年期の典型は、サラリーマンの定年というゴールが見えてくる年齢をさします。

現在では女性でも働いている人が大勢いますので、定年は男性だけにかぎらないと思いますが、仕事がその人の生き方の中で占める比率は、一般に男性の方が、育児や家事も行いながら働いている女性よりも圧倒的に高いと思います。

サラリーマンは、今まで「会社のため」に仕事一筋できた、という人が多いことでしょう。そんな生き方をしてきた人が、定年や早期退職制度によって、「あなたはもう、会社のことや仕事のことを考えなくていいんですよ」と暗黙のうちに意思表示されたりすると、ガックリきて、生きる目標を失った思いになるのではないでしょうか。

今までの会社や仕事からの引退が、いわば人生からの引退を宣言されてしまったような気分になってしまいます。しかも、そのような時期は、ちょうど自分の体力・精力も落ちてきて自身がゆらいできているころだと思います。

さらに、自分では自然な気持ちで若い女性を誘ったつもりだったのに、まわりから「いい年をして、若い女の子を連れ歩いて」などと揶揄され、自分の年令を認識させられたりもします。

そんなふうに、世間の目が自分を「いい年」だと見ていることに気付いたとき、男性は途端に老け込んで元気がなくなってしまい、心理的に老けてしまうものです。

次は『老化のシグナル』

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 更年期障害の症状と対処法 All Rights Reserved.