認知症予防のために日常生活で注意すること

認知症を正しく理解するために

急速な高齢社会の到来で、認知症に進展する患者さんが急増しています。実際に、認知症患者さんの介護に苦労している家族の方も数多くいると思います。

認知症患者さんの介護は、病気を正しく理解することから始まります。病気を正しく理解し、上手な介護、適切な対応を心がけることが最も大切です。

認知症は、2人の病者を生み出します。ひとりは認知症患者さんであり、もうひとりは介護する家族です。介護する家族も悩み、悲しみ、苦しい思いを抱いているのです。

認知症の介護は、患者さんの家族ばかりでなく、かかりつけ医、介護施設、介護スタッフ、看護師、行政、地域社会などがそれぞれの役割を果たさないと進みません。しかし、その中でも最も大切な役割を果たしているのは介護する家族なのです。患者さんを日々介護する家族が病気を正しく理解できていないと、上手な介護は成り立ちません。

次ページの『認知症とは』へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 認知症の早期発見と介護 All Rights Reserved.