認知症予防のために日常生活で注意すること

認知症の介護

  • HOME »
  • 認知症の介護

認知症の原因となる病気を正しく理解することが重要

家族の1人が認知症と診断された場合、介護する家族はどのように対応すべきでしょうか?

まず大事なのは、認知症の原因になっている病気を正しく理解することです。それぞれの病気の特徴を考えた介護あるいは対応を行うことが最も大切なことなのです。

認知症では、自分が病気になっているという認識(病識)に欠けるあるいは乏しい場合が多くあります。したがって、患者さんは、自分では正しいことを言っているあるいは行っていると思っています。そのように考えている患者さんに対して、「あなたの言うことはまちがっている」「その行動は正しくないから直しなさい」と伝えるのは適切な対応ではありません。叱るあるいは怒る、なじる、元の状態に戻そうと教育するなどの接し方は最も稚拙な対応です。

患者さんの言動や行動を理解する、傾聴する、受け入れる、支援することが認知症介護では重要になってきます。

家族の負担を少なくすることが大切

家族の1人が認知症と診断されると、頑張って介護しなければ、私が面倒をみなければという考えから、無理をする家族がみられます。しかし、認知症介護は、患者さんが亡くなるまで続きます。そのため、介護に完璧を求めてはなりません。「現在よりも少しでもよい介護ができればよし」との気持ちで介護を進めることが大切です。ベストの介護ではなくベターな介護を目指し、余裕をもちながら介護をしてください。家族による介護と公的介護サービスの利用を上手に組み合わせて介護を進めていきます。

認知症は、2人の病者を生み出します。1人は患者さんであり、もう1人は介護する家族です。介護する家族も体調を壊したり、抑うつ的になることが少なくありません。

介護する家族の身体的・精神的な負担をできるかぎり少なくする対策も考えていかなければなりません。

介護を1人に任せるのではなく、家族みんながそれぞれの立場で介護に関わっていくことが、長期に及ぶと予想される介護に重要なことなのです。

認知症介護の際に気をつけること

  • 認知症の原因となっている病気の特徴を正しく理解する
  • 叱る、怒る、なじる、教育しようとする、バカにする、などの接し方は最も稚拙な対応
  • 患者さんの行動や言動を理解する、受容する、支援する、手助けする姿勢が基本
  • ベストの介護よりベターな介護を目指すこと。「10のうち1つでも解決できればよし」との気持ちで介護を進める
PAGETOP
Copyright © 認知症の早期発見と介護 All Rights Reserved.