更年期を迎えたら骨密度に気をつけよう

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症は簡単に言うと「骨のカルシウム量(骨量)が減り、骨がスカスカになってもろくなる病気」であることは知られるようになりました。ところが、ほとんどの人は自分とは無関係な病気と思っているのが現状です。とくに若い女性ほど無関心で、骨に必要なカルシウム摂取に適した小魚、野菜類が嫌いな人が増え、いちばんカルシウムの吸収がよい牛乳もまったく飲まない人が増えているそうです。それは、骨がスカスカになってもろくなると、どんなやっかいなことがおこるのか知らないためと思われます。

骨は硬いもので新陳代謝がおこらないと思いがちですが、じつはからだのなかで古い骨は壊され、新しい骨がつくられています。1年間で20〜30%も入かわっていますが、壊される骨の量のほうがつくられる骨の量よりも多くなった状態が続くと骨粗しょう症に進んでしまいます。そうしたことはふつう50代の更年期以降におこりますが、若い時代にしっかりカルシウムをとっていないと、それ以下の年代でも骨折したり腰痛に悩まされるようになってしまいます。

骨粗しょう症の人の骨は弱く、もろくなり、自分の体重にも耐えられなくなって最初に影響を受けるのは背骨です。

ふつう骨折というと、ポキンと骨が折れて骨が曲がったり、骨と骨が離れた状態を思い浮かべますが、背骨では、背骨を構成している椎骨(ついこつ)内部の微小な骨がときれるなどして弱くなり、椎骨が押しつぶされてしまいます。これを圧迫骨折と呼びますが、初期にはほとんど何の症状もないまま、からだの重みによってじょじょに骨折が進行していきます。やがて、椎骨がつぶれたため周囲の靭帯(じんたい)や筋肉に負担がかかったり、骨のなかや周辺に走る神経を刺激するために、痛みを自覚するようになります。

複数の圧迫骨折が生じると痛みのために歩くことも起き上がることもつらく、日常生活の活動度(ADL)が妨げられ、とても不便で不安も強く、生活の質(QOL)も低下することが多くなってしまいます。活動度が低いために運動も制限され、ますます骨粗しょう症が進行する悪循環に陥ります。

背骨の脊椎の圧迫骨折によって、背中がまるくなり、そのことで胸やおなかが圧迫されて、呼吸器や消化器の機能異常が生じたりすることもあります。ひどいケースでは、肺が圧迫されすぐ息切れしたり呼吸困難がおきやすい人もいます。お腹の症状としては、食事量が極端に制限されたり、せっかく食べたものが胃酸とともに食道に逆流して食道炎がおき、つらい胸焼けがおこることがあります。腸の運動も低下し、便秘がおこったり腸のガスが過剰になるなど、様々な障害をまねきます。

次は「骨粗しょう症の原因」

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 骨粗しょう症の原因と予防法 All Rights Reserved.