静止時の振戦(しんせん)とは

何もしていないとき1秒間に5回前後のふるえがある振戦というのは字の通りふるえるえという意味です。私たちの体は寒いときや緊張したときにふるえます。パーキンソン病のふるえは何もし...

詳しくはこちら

筋固縮(きんこしゅく)とは

肩や腰の痛みはパーキンソン病の初期症状筋固縮というのは筋肉が固くなり、こわばる状態をいいます。パーキンソン病の初期から見られる症状です。一般的な認識としては、パーキンソン病は...

詳しくはこちら

パーキンソン病の寡動・無動とは

スローモーションのような動き、身振りが少なくなる動きがゆっくりになる、動作を始めるまでに時間がかかることを寡動といいます。無動というのは、文字通り動きがなくなることです。たと...

詳しくはこちら

姿勢反射障害とは

背筋が強くなり腹筋が弱くなって前かがみになる体のバランスがとれなくなって転びやすくなることを、姿勢反射障害といいます。姿勢反射障害は初期にはあまりみられませんが、病気が進行すると...

詳しくはこちら

自律神経の乱れによる症状

便秘・立ちくらみ・血圧低下などパーキンソン病になると内臓の働きをコントロールする自律神経も乱れます。そのため、4大症状のような運動機能障害だけでなく、体のあちこちに不調が出てくる...

詳しくはこちら

精神症状

やる気がでないなど半数の人にうつ症状がでるパーキンソン病の症状が進むと周囲のことや物事に無関心になったり、注意力が散漫になったり、記憶力が低下したりすることもあります。元気がない...

詳しくはこちら