歯周病や虫歯予防の為の歯磨きのコツを紹介。


虫歯と歯周病は、どちらも歯垢(プラーク)の中の細菌が原因です。1ミリグラムの歯垢には1億以上の細菌がいて、歯に付着した菌は酸を出し、歯をとかして虫歯をつくる。歯と歯ぐきの隙間に入り込んだ菌は、歯周病を引き起こします。

歯周病は、気付いた時には進行していることも多く、痛くないからといって放置すると歯が抜け落ちることも。また、炎症を起こした歯ぐきから菌が血液中に入り、糖尿病を悪化させたり、動脈硬化を促進するなど、全身に悪影響を及ぼしかねません。

歯周病菌のなかには、女性ホルモンを栄養にして増殖するものもあり、とくに月経前や妊娠中は、症状が悪化しやすいので注意してください。

歯周病菌チェックテスト

口臭を指摘された、または口臭が強くなったと感じる
歯ぐきがムズムズする
歯ぐきが腫れている
歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
歯が歯ぐきから浮いた感じがする
歯を磨くと出血する
朝、口の中がネバネバする
歯ぐきを押すと血や膿がでる

3つ以上当てはまると歯周病の可能性があります。歯科医の診察を受けてみましょう。

次ページの『歯周病の原因』へ

PAGETOP
Copyright © 歯周病予防で健康な歯に All Rights Reserved.