歯周病予防においては、歯と歯の隙間の歯垢を落とすことが大事。ていねいに磨いても、歯ブラシだけでは、歯垢を半分ほどしか落とせないことがあります。

そこで、歯間ブラシやデンタルフロスの併用をおすすめします。正しい歯磨きをしたあとに、これらを使ってていねいに歯間清掃をすれば、ほぼ100%歯垢を落とせます。歯間部に隙間がある人は歯間ブラシを使ってください。ただし、歯間が狭いのに無理やり歯間ブラシを押し込むと、歯ぐきを傷つけることがあるので注意しましょう。糸状のデンタルフロスがうまく使えない人は、柄がついているものもあります。歯磨きをしたあとに毎回お掃除するのが理想ですが、1日1回、夜寝る前に行うだけでも効果的です。

利き手や歯並び、癖などによって、磨き残しやすい場所は、人それぞれで違います。自分ではなかなかわかりません。年に一度は歯科検診で歯の状態をチェックし、ブラッシングの指導を受けて、自分の歯に合った歯ブラシと正しい磨き方を専門家に教えてもらいましょう。