腋臭の治療法

  • HOME »
  • 腋臭の治療法

切除法

最も初期段階で行われた古典的な方法。ワキ毛の生えている部分に皮膚を皮下組織ごと切り取ってしまうものです。汗とニオイの原因になる汗腺類を根こそぎ切除するので治療の目的はしっかり果たすことができます。

ただし、デメリットもあります。切除範囲が広いので脇に大きな傷跡が残ります。ジグザグに切れ目を入れ少しでも軽減する方法もありますが傷かとは避けて通れません。また切除法は残ったフィフを引き寄せて縫合するのでワキが引きつってしまい腕の上げ下ろしに支障をきたすことや血管や神経を圧迫することで、むくみや運動障害などの後遺症が残ることもありました。

しかも手術中の出血が多く完治するまで二週間の安静が必要です。これらのリスクを考えると気軽に受けられる方法ではありません。

皮下組織削除方法

特殊な専用器具をつかって皮膚内の組織を均一に削り取るという方法です。この専用器具はハサミの形状をしており片方の刃に当たる部分にはローラーが、もう片方には皮下組織を掻き取る刃がついています。脇に1センチほどの切れ目を入れ刃の方を皮下組織に差し込みます。ローラー部分を皮膚表面に当て、転がしながら皮膚内の組織を均一に削ぎとっていく方法です。

この方法は上手く施術すればアポクリン汗腺だけでなくエクリン汗腺や皮脂腺まで取り除くことがかのうで「腋臭・多汗症」の両方を治療することが可能です。

しかし、この方法は一度に広範囲の施術をすることができないのが最大の欠点です。脇全体を行うには数カ所に切れ目を入れるので傷跡が多く残ってしまうことになります。また皮膚を薄く削り取るため皮膚に黒ずみが残りやすく、かなりの熟練した医師の技術が要求されます。

3日間の入院と術後1周間は脇を固定しておく必要があるなど手術に伴う身体への負担や生活への支障を考えると手軽に行える方法ではありません。

皮下組織吸引法

脇に直径数ミリの小さな穴を開け、そこから「カニューレ」という細い管を差し込み汗腺類を掻き取りながら吸い取ってしまう方法です。この方法は腹部や太ももなどの脂肪を吸引してスリムにする脂肪吸引の美容技術と同じです。

皮膚を切開するのではなく小さな穴を空けるだけなので傷跡もほとんど残らず身体への負担が軽いことが利点になります。さらに術後の回復も早いので入院の必要がない手軽さもあります。現在の腋臭・多汗症の治療の主流になっており多くのクリニックで採用されています。

しかし、この吸引法でも汗腺類を完全に除去することは難しく十分な治療効果があがらないことがあります。そのため症状が重い患者の場合は手術後にも「まだ少しニオイが残る」ということがあります。

超音波治療法

皮膚に数ミリの穴を開け、そこに超音波発生器を差し込んで行う手法です。切開部分は数ミリなので大きな酷い傷跡が残る心配はありません。また、神経や血管などの大切な組織を傷つけることもないので後遺症の心配や身体へのストレスが極めて少ないというのが大きな特長です。

しかも施術時間はわずか30分という短さなので術後の回復も早く基本的には入院や通院の必要はありません。それでいて従来の治療法に比べて治療効果が高いという画期的な方法です。

次へ:腋臭のQ&A

PAGETOP
Copyright © 腋臭と多汗症の悩みを解消 All Rights Reserved.