炭水化物ダイエットはダメ!食後血糖値が急上昇!

こちらも読まれています

炭水化物ダイエットはNG

ダイエットといえばアメリカの内科医、ロバート・アト キンス博士が提唱したアトキンス式低炭水化物ダイエット が有名ですね。

炭水化物を1日40グラムと激減させる代わりに、たんぱく質や脂肪は自由に摂れるというものでした。

かつて実践した、という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、今ではこのダイエット法は疑問視する声が大きくなっています。

炭水化物を極端に減らすことで元気がなくなり、低血糖から異常な食欲が出ることもあるからです。

日本糖尿病学会では、逆に炭水化物を150グラム以下にしないように注意を出しています。

箸を持つ前に、ひと呼吸

大切なのは、炭水化物を食べても血糖値を上げないようにすることです。

血糖値がグンと上がるのは食事の直後から30分です。

このカーブを 緩やかにして、高く上がらないようにすればいいわけです。

では、どうするか?まず、どか食い、早食いをやめることです。

腹べこの状態で定食屋さんに駆け込み、「おばちゃん、ご飯大盛り!」 と大声で注文。

おかずが来るか来ないかのうちに、どんぶり飯をかき込む。

これが一番悪い食べ方ですよ!

こんな 食べ方をすると、血糖値がぐんぐん急上昇です!

そこでおすすめしたいのが、ランチは友達と一緒にいくこと。

一人で食べると、どうしても早食いになってしまいますできれば、どか食い友達はやめて、ゆっくりと話の出来る相手がいいですね。

一人のときは、ゆっくりとスポーツ新聞でも広げる余裕が欲しいものです。

運ばれてきた食事に飛びつくのではなく、ひと呼吸置いてから箸を持つ“間”を持ってくださいこんな小さな心がけを長年かけて積み重ねることによって、あなたの血管は若返っていくのです。

こちらも読まれています