ビタミンC〜抗酸化ビタミン〜

水溶性の抗酸化ビタミンで、LDLの酸化防止に欠かせません。果物や淡色野菜、緑黄色野菜に多く含まれています。

詳しくはこちら

ビタミンE〜抗酸化ビタミン〜

老化予防のビタミンといわれるように、強力な抗酸化作用があります。主に、種実や植物油に多く含まれます。

詳しくはこちら

カロテノイド〜抗酸化食品因子〜

食品の色素の一種で、体内でビタミンAに変わるβカロテンが有名です。そのほかのカロテノイドも発見されています。

詳しくはこちら

ポリフェノール〜抗酸化食品因子〜

植物の色素や苦み、渋みなどに含まれる食品因子のことで、ビタミンC以上に高い抗酸化作用があります。

詳しくはこちら

アリシン〜抗血栓成分〜

にんにく、ねぎ、にらなどの香り成分や大根などの辛み成分には、血栓を予防したり、できた血栓を溶かす作用があります。

詳しくはこちら

タウリン〜体の機能を強化するアミノ酸〜

高血圧やコレステロール値を下げる働きが注目されています。現在は、心不全などの治療薬としても使われています。

詳しくはこちら

カリウム〜血圧の上昇を抑えるミネラル〜

カリウムは主要ミネラルの1つです。不足すると血圧が上昇して、不整脈や心不全を誘発するおそれがあります。

詳しくはこちら

EPA・DHA〜魚の脂肪が動脈硬化を予防〜

背の青い魚に含まれる脂肪酸で、脳を活性化するとともに、血液をサラサラにする効用もあることで注目されています。

詳しくはこちら