STEP1:コレステロール値を知る

コレステロールが多い食材の摂取量を減らす 栄養摂取基準では、日本人の正常な人が1日に摂取してよいコレステロール値は18歳以上の男性で750ミリグラム、女性は600ミリグラムと...

詳しくはこちら

STEP2:食物繊維をうまく摂る

食物繊維で悪玉コレステロールを掃除 食物繊維には人間の消化酵素で消化できずにそのまま排出される「難消化性」という性質があります。 消化されないのでカロリーはありません。...

詳しくはこちら

STEP3:脂肪をおいしく食べる

コレステロールを増やす油と減らす油 脂質にはコレステロールを増やしてしまうものと減らしてくれるものがあります。 飽和脂肪酸はコレステロールを増やす脂質の代表格で、とくに肉に...

詳しくはこちら

STEP4:カロリーを考える

コレステロールのコントロールはカロリーを減らすこと 肥満体型の人のコレステロール値は健康的な体型の人よりも確実に高い傾向にあります。とくに内臓脂肪型肥満の人は動脈硬化になる危...

詳しくはこちら

STEP5:素材のおいしさを楽しむ

素材の栄養素を逃がさない調理方法 食べ物には3大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)のほかに食物繊維、ビタミン、ミネラル(これらを加えて6大栄養素とも言われる)があります。特に、...

詳しくはこちら

STEP6:運動を楽しむ

体脂肪を下げるには有酸素運動 過剰に摂取したエネルギーは体内で体脂肪として蓄積されます。この体脂肪が消費されずにどんどんと溜まっていくとコレステロール値も高くなり肥満の原因となり...

詳しくはこちら

STEP7:外食は楽しく摂る

外食が多い場合の栄養バランス確保術 外食が多くなると知らない間にエネルギーや脂肪や塩分を過剰摂取してしまいがちになります。とくに丼などの単品メニューは野菜が不足しがちになりビ...

詳しくはこちら

STEP8:コレステロール値をコントロール

コントロール食で活躍するスパイスたち コレステロールを減らすためのヘルシーな味付けではスパイスの活用が欠かせません。スパイスは香りや辛味、苦味、甘みといった独特の味わいを食材...

詳しくはこちら