悪玉コレステロールを減らすヘーゼルナッツの魅力

ヘーゼルナッツの写真

ヘーゼルナッツといえばクッキーやケーキでよく使われるナッツなので特に男性の方は食べる機会が少ないかもしれません。

お菓子を作るときに使うナッツというイメージが強いので意識的に摂取している人は意外と少ないのですが、このヘーゼルナッツには血液中の悪玉コレステロールを減らすパワーがアーモンドの1.6倍もあるんです。

そもそもナッツは健康に良い食べ物

ナッツが健康に良いとされている理由はオレイン酸とビタミンEが豊富に含まれているからです。

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は悪玉コレステロールを働きがあり、ビタミンEには血液の流れを促進する働きや抗酸化作用で体の老化を防ぐ働きがあります。これら、オレイン酸とビタミンEが手軽に摂取できることから健康のために毎日一握りのナッツを食べることが推奨されています。

またナッツは食物繊維が豊富に含まれており腹持ちが良いのでダイエット中の置き換え食として使われています。

オレイン酸はアーモンドの1.6倍!

そんな美容と健康に高い効果が期待できるナッツですが、どうせならオレイン酸やビタミンEが多く含まれているナッツを摂取したいですよね。

そんな方におすすめなのが今回紹介するヘーゼルナッツです。ヘーゼルナッツにはオレイン酸がナッツの代表格であるアーモンドの1.6倍も含まれているので意識的に摂取しましょう。

ヘーゼルナッツはトルコが世界の総生産量の75%で100カ国に輸出されており、ここ最近、日本でもヘーゼルナッツの消費が増えてきているので手軽に購入できると思います。

ビタミンEはピーナッツの1.7倍!

高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれるビタミンEを豊富に含んでいるといわれるナッツは落花生(ピーナッツ)ですが、ヘーゼルナッツには実にピーナッツの1.7倍のビタミンEが含まれているんです。

生活習慣病の予防効果がある

オレイン酸が豊富に含まれているので血液中の脂肪分を軽減する働きから動脈硬化や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防効果があります。

食べ方に注意

ヘーゼルナッツを購入するときに気をつけて欲しいのが殻付きではなく剥いたヘーゼルナッツを選ぶこと。

ヘーゼルナッツを殻付きで食べるには180度のオーブンで15分ほどローストする必要があり、手軽に食べるというわけにはいきません。それよりも厄介なのが殻を割る作業で、かなり硬い殻なので女性の場合は専用器具やガーリックマッシャーなどが必要かもしれません。

ロースト済みの殻付きヘーゼルナッツしか手に入らない場合は栗と同じ要領で両サイドから圧力をかけて殻を割ってください。