マグネシウムのはたらきと効果

こちらの記事も読まれています

骨を形成したり代謝をサポート

約6割は骨に存在している

マグネシウムは、成人の場合、体内に20から25グラム含まれ、その60から65%は骨に含まれています。カルシウムやリンとともに骨を構成する重要な成分です。

残りは肝臓や筋肉、血液などに存在しています。すべての細胞内にも含まれており、体内のミネラルバランスをコントロールする上で重要な役割を果たしています。

300以上の酵素の働きを助ける

マグネシウムは、300種類以上もの酵素の働きをサポートし、エネルギー産生などをスムーズに行うなどの重要な働きにも関与しています。

神経の興奮を抑えたり血管を広げて血圧を下げたりする作用もあります。

サプリメントで下痢することも

普通の食事で過剰性になる事はありません。仮にマグネシウムを摂りすぎたとしても、腸管からの吸収量が調整される仕組みになっています。

医薬品として下剤に使われるように、過剰にとると下痢を起こします。

循環器系に障害を起こす

慢性的に不足すると、不整脈などを引き起こし、虚血性心疾患のリスクが高まります。一般的に日本人はマグネシウムが不足気味なので、注意が必要です。

なお、カルシウムを多くとるほどマグネシウムの排泄量が増えることからマグネシウムとカルシウムの摂取バランスは1対2が望ましいとされています。

硬水・軟水はカルシウムとマグネシウムの量で決まる

水の水質基準の1つに硬度があります。水1リットル中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計を炭酸カルシウムに換算したものです。硬度が低いのが軟水、高いのが硬水で、日本の水の多くは軟水です。海外のミネラルウォーターの中には硬度が1000以上のものもありミネラルの補給源になりますが、吸収率が良くないので、過大な期待は禁物です。

こちらの記事も読まれています

豆腐などの大豆製品や未精製の穀類や種実を積極的に

マグネシウムは加工していない食品に広く含まれています。精製などによって失われるためです。効率よく取れる食品として注目されている豆腐には凝固剤としてにがり(酸化マグネシウム)が使われており、同時にカルシウムも含むことからマグネシウムの吸収率アップにも貢献します。

マグネシウムを多く含む食品

1食当たりの目安量 含有量(mg)
豆・豆製品 大豆 30g 66
油揚げ 40g 52
納豆 50g 50
種実 アーモンド 30g 93
カシューナッツ 30g 72
落花生 30g 60
海藻 干しひじき 10g 62
乾燥わかめ 5g 55
その他 玄米ご飯 120g 59
干しエビ 10g 52

こちらの記事も読まれています

PAGE TOP