必須ミネラル

こちらの記事も読まれています

必須ミネラルは16種類

自然界には100以上の元素(物質を構成する基本単位)が存在しています。人体の95%は酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成され、残りの5%にあたる元素を栄養学ではミネラル(無機質)と呼んでいます。栄養素として不可欠なものは必須ミネラルと呼ばれ、現在。「日本人の食事摂取基準」では13種類が示されています。

体の構成成分や生理作用の調節

ミネラルの主な働きとしては、

  1. 骨・端など体の構成成分になる
  2. 体液に溶けてペーハー浸透圧を調節する
  3. 酵素の構成成分になる。
  4. 神経・筋肉の興奮性の調節をする

などがあります。

過剰性や中毒を招く

ミネラルの取りすぎは、過剰性を引き起こします。1日の必要量が100ミリグラム未満の鉄や亜鉛などを取りすぎると、中毒を起こします。

またナトリウムの取りすぎは高血圧性につながるなど、生活習慣病とも深い関わりがあります。

鉄欠乏性貧血や甲状腺腫などに

ミネラルは体内で合成することができないため、食事から摂るのが必須です。不足すると、様々な不調が現れたり、鉄欠乏性貧血、要素不足による甲状腺腫などの欠乏症を起こします。また、カルシウム不足で骨粗しょう症になるなどの問題も起きます。

こちらの記事も読まれています

必須ミネラルの種類とはたらき

種類 主なはたらき
カルシウム 骨や歯を形成、神経の興奮を抑える
リン 骨や歯を形成、リン脂質や核酸の成分、糖質の代謝をサポート
カリウム 細胞内液の浸透圧の維持、心臓や筋肉の機能を調節
硫黄 皮膚や髪、爪を形成、酵素の活性化
ナトリウム 細胞外液の浸透圧の維持、筋肉や神経の興奮を抑える
塩素 胃液の成分、殺菌
マグネシウム 酵素の活性化、神経の興奮を抑制
赤血球のヘモグロビンの成分
亜鉛 タンパク質の合成に関与
赤血球のヘモグロビンの合成に関与
ヨウ素 発育を促進、基礎代謝の促進
セレン 抗酸化作用、がん予防
マンガン 糖質や脂質の代謝に関与、骨形成に関与
モリブデン 尿酸を作り出す代謝に関与
クロム 糖質や脂質の代謝に関与
コバルト ビタミンB12の成分、造血作用に不可欠

こちらの記事も読まれています

PAGE TOP