リンを多く含む食品

こちらの記事も読まれています

骨や歯の形成や生命活動に一役

85%が骨や歯に利用される

リンは、カルシウムについで体内に多く存在するミネラルで、成人の体重の約1%を占めています。このうち約85%はカルシウムやマグネシウムと結合し、骨や歯を形成しています。丈夫な骨作りのためには必要不可欠な存在なのです。

エネルギーを蓄える物質の成分

残り15%の大部分は、タンパク質や脂質、糖質などと結合し、細胞膜のリン脂質として、DNAやRNAなどの核酸の構成成分として、あらゆる細胞に存在しています。

また、ATP(アデノシン三リン酸)という高エネルギーを発生する物質の構成成分でもあり、生命活動を支える重要な役割を担っています。

骨軟化症や腎機能低下に

リンとカルシウムは、血液中でバランスを保って存在しています。リンの取り過ぎによって血液中のリン濃度が上昇すると、このバランスがくずれ、骨から血液中にカルシウムが放出されるため、骨のカルシウム量を減少させます。

また、腎機能の低下をもたらすこともわかっています。

普通の食事では欠乏しない

リンは広く食品に含まれているので、普通の食事で不足することはまずありません、加工食品の食品添加物として多用されているので、むしろ摂り過ぎのほうが問題といえます。しかし、仮にリンが欠乏すると、骨や歯が弱くなります。

清涼飲料水を飲むと骨が弱くなるのは本当?

加工食品には、食品添加物としてリン酸塩がよく使われており、清涼飲料水にも酸味料として添加されています。リンの摂り過ぎはカルシウムの吸収が阻害され、骨が弱くなるのは事実ですが、通常、清涼飲料水100グラムに対しリンは約15ミリグラム添加されている程度です。飲み過ぎは問題ですが、たまに1本程度飲む分には心配ないでしょう。

こちらの記事も読まれています

リンを多く含む食品

1食当たりの目安量 含有量(mg)
牛乳・乳製品 プロセスチーズ 30g 219
ヨーグルト 210g 210
牛乳 210g 195
ワカサギ 80g 280
どじょう 40g 276
ししゃも 60g 258
イワシ丸干し 40g 228
その他 そら豆 40g 88
高野豆腐 20g 176
大豆 30g 174

リンを上手に摂取するには

食事から摂取するリンとカルシウムのバランスは1対1が理想とされています。

リンは広く食品に含まれているほか、保存性を高める目的で多くの加工食品にリン酸塩として添加されています。一方で、カルシウムは日本人に不足しがちな栄養素です。加工食品をよく食べる人は、積極的にカルシウムの多い食品をとることが大切です。

こちらの記事も読まれています

PAGE TOP