スマホ老眼とは

スマホ老眼は俗称で、医学的には「調節緊張」または「調節痙攣と呼ばれる症状です。

手元のスマホ画面を長時間見続けて目を酷使した結果、眼球のピント調節機能である毛様体筋が疲弊して水晶体の厚みの調整に支障をきたし、一時的にピント機能が低下するものです。

近くから遠く、遠くから近くへ視点を移動したときに、よく見えない、目がかすむなどの症状が起こる場合、視点移動のピント調節機能が低下しています。

スマホ老眼の場合は、しばらくすればピントが定まるケースがほとんどです。

ピント調整機能が加齢にともなって低下していく老眼とは違い、若い世代のスマホ老眼は一時的な症状であることが多いですが、ごくまれに症状が悪化するとピントが固定されたままに陥る場合もあります。

パソコンでも起こりうる症状ですが、15~20センチ程度の至近距離で小さな画面の文字や画像を見つめ続けて目を酷使するスマホの方が、より症状が強く出やすくなります。

スマホ老眼と老眼の違い

スマホ老眼は、毛様体筋が常に近くを見て緊張状態に陥っているために、ピントが合わせにくくなり、ものが見えにくくなります。

しかし一時的に陥っている症状なので、スマホを使う時間を短くして目を休める、眼球トレーニングなどを行うことで回復できます。

老眼は加齢によるピント調節機能の衰えで、10代くらいから手元のものが見えにくくなります。

加齢によって衰えた毛様体筋と水晶体そのものが硬くなるために起こります。

加齢とともに徐々に低下するので止められませんが、眼球トレーニングにより進行を抑えて早期であれば回復することは可能です。

例えるならば、長時間中腰の姿勢で作業をしたために一時的に背筋がのばせない状態がスマホ老眼で、加齢とともに背中が曲がってくるのが老眼といえるでしょう。

ふたつの原因は異なりますが、眼トレや生活習慣の改善、目にいい食べものを摂ることなど、日々のメンテナンスが重要といえます。

スマホ老眼を予防するコツ

スマホ老眼を予防するためには、スマホを使う時間を減らして目を休めることのほか、眼球トレーニング、目の疲れを解消する、目にいい食べものを積極的に摂る、目にいいスマホの設定を行うなどの対策が効果的です。

スマホの画面から発せられるブルーライトは、紫外線の次に波長が短いので散乱しやすくチラつきの原因にもなり、また光量も強いので、疲れや痛みといった直接的な目のダメージにもつながります。

スマホ画面表示の設定で、明る過ぎず暗過ぎない適切な明るさや、読みやすい文字サイズに調整しましょう。

また、ブルーライトをカットするメガネを使ったり、ブルーライトをカットするフィルムをスマホの画面に貼るなども、目の疲れやダメージを軽減する効果が期待できます。

習慣化することで高い予防効果を発揮するのが遠近トレーニングです。

これは、目から15センチくらいの場所に左親指を立て、右手の腕をまっすぐ伸ばして右親指を立て、手前の親指と遠くの親指を5秒間ずつ交互に見ることで焦点を合わせる筋力を鍛えるトレーニングです。

まだスマホ老眼を自覚していない人でも、これらの対策を行うことで十分な予防効果があります。