夜中に突然襲う激しい痛みと、男性がかかりやすい病気とされている痛風とはどんな原因でかかるのでしょうか。

1) 痛風とは

日本では戦後に急激に増加した病気 なんとなく足の親指の関節辺りに違和感があるな、と感じていたら、突然今までに経験したことがないような激しい痛みが襲ってきて、夜中に目を覚ました...

詳しくはこちら

2) 痛風の原因

高尿酸血症の罹患率は成人男性の20% 足の指の付け根などの関節に起こる痛風は、血液中の尿酸が増え過ぎると起こる病気です。 つまり高尿酸血症の人に起こるわけです。 ...

詳しくはこちら

3) 高尿酸血症の原因

尿酸値を確実に上昇させる生活習慣とは 排泄される尿酸と産生される尿酸とのバランスがくずれて血中の尿酸が増えると高尿酸血症となります。 原因は栄養の過剰摂取、アルコールを...

詳しくはこちら

4) 尿酸とプリン体

高尿酸血症の人の20%に痛風の発作が起きる 痛風発作は体内の過剰な尿酸が引き起こします。 さて、この尿酸とはどんな物質なのでしょうか。尿酸は白色・無味・無臭の物質で、私...

詳しくはこちら

5) なぜ高尿酸血症になるのか

尿酸の80%は尿とともに排泄される 尿酸はヒトが生命活動を続ける限り絶えず作られているものです。そしてヒトは尿酸を分解できませんから、これを主に尿とともに排泄します。腎臓から...

詳しくはこちら

6) 痛風発作の実際

患部に違和感などの前兆があることも 高尿酸血症には自覚症状はありません。しかし、この状態を数年から10年以上放置しておくと、ある日突然、痛風の発作に見舞われることになります。...

詳しくはこちら

7) 痛風発作はなぜ起きるのか

溶け切らない尿酸の結晶を体は異物と認識する 尿酸はとても水に溶けにくい物質です。このため、体内の尿酸がある一定以上になると、結晶や結石になりやすいのです。 尿酸値が7....

詳しくはこちら

8) 痛風発作を放置すると

痛みが治まっても治ったわけではない 痛風発作が起きて耐え難い痛みを経験しても、この痛みは2〜3日もすればピークを過ぎて和らぎ、1〜2週間もすれば治ってしまいます。このため「喉...

詳しくはこちら