1) 高尿酸血症・痛風治療のガイドライン

痛風治療の目的は大きく3つ 高尿酸血症や痛風発作の治療は高尿酸血症・痛風治療のガイドラインで以下の様に定義されています。 痛風発作の発症を抑えるために、尿酸値をコン...

詳しくはこちら

2) 痛風発作の治療

コルヒチン〜発作防止と初期に効果 発作の初期に、これ以上症状が進展しないように服用すると効果があります。 ピリピリするなどの違和感を感じる発作の直前に服用すると、発作を...

詳しくはこちら

3) 高尿酸血症の治療

薬物療法と生活療法の2本立てで治療 激しい痛みを伴う痛風の発作が治まったら、その原因である高尿酸血症の本格治療を目指すことになります。 尿酸値を正常域に下げることができ...

詳しくはこちら

4) 尿路管理

尿の酸性度が高い場合は弱酸性にする薬を服用する 尿路結石になると、仙痛という激しい腹痛と尿路の症状が出ます。結石が腎臓から尿管を経て膀胱に落ちていく過程で、尿管の細いところで...

詳しくはこちら

5) 痛風の合併症〜腎障害〜

血液中の尿酸値を下げ尿路管理を行う 腎臓は生物の体内環境を常に一定にするホメオスターシスを司る大切な臓器です。 高尿酸血症になると、尿中の尿酸濃度が高くなり尿酸結晶を作...

詳しくはこちら

6) 痛風の合併症〜肥満〜

生活習慣病の温床、肥満を解消すればすべては改善の方向に 痛風患者の50〜80%は肥満を合併しています。高尿酸血症の背景に過食、アルコールの多飲が関与していることを考えると当然...

詳しくはこちら

7) 痛風の合併症〜高血圧・高脂血症・糖尿病〜

高血圧 降圧剤には尿酸値を高くするものがある 高血圧の患者さんで高尿酸血症を併発していると、心筋梗塞や脳血管障害の発症が高くなります。 このため、高尿酸血症で高血圧の...

詳しくはこちら