誰もが迎える更年期を健やかに過ごすために

女性の排尿の悩み


女性の場合も後見旗にあると排尿の悩みを持つ人が増えてきます。中でも尿が漏れる尿失禁の悩みが多くなります。

咳やくしゃみをしたとき、急に走ったりしたときに尿が漏れる(腹圧性尿失禁)、トイレに行くまでに間に合わずに尿が漏れてしまう(切迫性尿失禁)、などに悩まされるのです。

腹圧性尿失禁の原因は、膀胱から尿道につながる出口の部分の尿道括約筋がゆるんでくることが原因となります。出産や加齢により膀胱や尿道を支える骨盤底の筋肉が弱くなることが原因となることが多いのです。

日頃から、尿道のまわりにある筋肉(外尿道括約筋)や骨盤底筋群を強くすることで症状が改善することもあります。そのために、肛門を締める運動を繰り返す骨盤底筋体操がすすめられています。おならが出そうになるのを我慢する要領で、肛門を数秒締めてはゆるめる運動を行います。毎日の生活の中で、いろいろな姿勢で、それぞれ10回ずつ行うことを続けてみましょう。

なかなか改善されないときには、尿道のまわりにコラーゲンを注入する方法や手術による治療法が選択されることもあります。

切迫性尿失禁の場合は、膀胱の収縮を弱くする薬を飲むことで膀胱の容量を増やす方法が功を奏します。

排尿についての悩みは泌尿器科を受診することになります。

骨盤底筋体操

img

次は『更年期の健康法』

PAGETOP
Copyright © 更年期障害の症状と対処法 All Rights Reserved.