更年期に発症しやすいパーキンソン病の症状や治療法を詳しく解説します。

パーキンソン病とはどういう病気か?

高齢化社会に伴い、日本で急増している病気にパーキンソン病という神経系の病気があります。

この病気は20〜40代で発症する若年型パーキンソン病もありますが、多くは50〜60代の更年期から初老期にかけて発症します。

「パーキンソン病は年をとれば誰でもなる病気である」といわれているように、老化につれて発症する率の高い病気なのです。

パーキンソン病の原因は、脳の神経伝達物質であるドーパミンが減ることにあります。

ドーパミンが作られるのは、脳の黒質という部分で、黒質の神経細胞からは長い突起が出ていて、それが線条体につながっています。線条体に向けてドーパミンが放出され、線条体の神経細胞がそれを受け取ることで、私たちの体を動かす指令が出ます。

しかし、何らかの理由で黒質の神経細胞が減ると、ドーパミンができる量も減ってしまいます。その結果、さまざまな症状が起こってくるのです。

パーキンソン病の4大症状

  • 静止時の振戦
    • 何もしていないのに手足の震えが起こる
  • 筋固縮
    • 筋肉が固くなり、こわばる
  • 寡動・無動
    • 動きが鈍くなり、すばやく動くことができなくなる
  • 姿勢反射障害
    • 体のバランスがとれなくなり、転びやすくなる

そのほかにも、便秘などの自律神経障害、うつなどの精神症状などが起こることが多くあります。

人間には自律神経といって、自分の意志とは関係なく、胃腸などの内蔵や血管などの働きをつかさどる神経があります。この自律神経には、交感神経(主に昼間に働く神経)と副交感神経(主に夜間に働く神経)の2種類があります。

パーキンソン病は交感神経の過緊張で起こることがわかっています。残念ながら、年をとると人間の体は交感神経が緊張した状態になります。そのこともパーキンソン病を起こしやすくするのです。また、腰痛や膝痛、胃腸病、うつ病などの薬を飲み続けることも交感神経の過緊張を招く原因となるのです。

近代の高齢化につれて、パーキンソン病の患者さんが増えてきた一因として、加齢による脳の動脈硬化などで血流が悪くなり、脳の神経細胞の働きが衰えることがあるのではないかと言われています。

パーキンソン病の治療の基本は薬物療法で、L-ドーパ製剤という薬が多く使われます。これはドーパミンの原料となり、脳内のドーパミンを補う薬です。ただし、薬である以上、副作用もあり、何年かたつと効果が弱まることがわかっています。

一般的には60才以降に発症したパーキンソン病は、進行が比較的緩やかなことがわかっています。

また、パーキンソン病の患者さんとそうでない人の死亡率には差がないこともわかっています。

日常生活を無理なく送れるレベルを維持することができれば、パーキンソン病は、けっしてこわい病気ではありません。

次の『パーキンソン病の原因』へ

関連コンテンツ

PAGETOP
Copyright © パーキンソン病の症状と治療法 All Rights Reserved.