症状

血液中のたんぱく質が胃腸の内部に以上に漏れ出し、低たんぱく血症を起こす病気です。

顔や足にむくみが起こり、症状が進むと腹水や胸水を併発します。また、下痢や腹痛、吐き気、貧血が現れる場合もあります。

原因

リンパ系の異常(腸リンパ管拡張症など)のほか、胃腸粘膜の潰瘍(潰瘍性大腸炎など)、消化管アレルギーなどによる毛細血管透過性の亢進などが関与すると考えられます。

治療法

原因疾患の治療を優先させます。それと併せて、高エネルギー・高たんぱく・低脂肪による食事療法を行います。

むくみをとるために、利尿薬やアルブミン製剤を服用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter