症状

無症状のことが多いですが、吐き気、だるさ、腹痛、黄疸、腹水などの症状が起こることもあります。重症化すると、肝硬変になります。

原因

長期間にわたる多量の飲酒によるものです。

治療法

禁酒して、できるだけ安静にし、栄養バランスのよい食事をとります。症状が重い場合は、入院して点滴による栄養管理を行う必要があります。

回復したあとも禁酒を続けることが重要で、飲酒をすると肝炎を繰り返し、肝硬変に進行してしまいます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter