症状

全身の血管に炎症が起きる病気で、発熱や関節痛、体重減少と併せ、鼻汁、目の痛み、のどの痛みなどの上気道症状と、咳、血痰などの肺症状、血尿、浮腫などの腎症状が現れます。さらに、炎症で腫れた血管部位に肉芽腫が形成されます。

原因

原因は明らかではありませんが、患者の多くが好中球に対する自己抗体をもっていることから、自己免疫異常による膠原病類縁疾患のひとつとされています。

治療法

免疫抑制薬とステロイド薬を併用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter