症状

口から肛門までの全消化管に起こり得る、原因不明の慢性炎症性疾患です。潰瘍性大腸炎と似て、20歳代の若者に多く、発症部位は小腸・大腸に集中しており、腹痛、下痢、発熱、栄養障害にともなう体重減少などがみられます。

症状が強くなる活動期と、弱くなる緩解期をくり返しながら、慢性の経過をたどるのが特徴です。

原因

原因は不明ですが、免疫異常やストレスの関与が考えられます。

治療法

根治療法はなく、栄養療法(糖質とたんぱく質を小さな分子に分解し、吸収しやすい状態にした成分栄養をとる方法)を主にし、薬物療法(ステロイド薬や免疫抑制薬の服用)を併せて行います。

腸管の狭窄や肛門部に病変がみられるケースでは、手術が行われることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter